映画、舟を編むを観てみました

内容はある出版社が大きな辞書(広辞苑や大辞林ような)を作るという話です。
それに付け加えて恋愛がちょっと絡んでいました。
宮崎あおいさんは相変わらずかわいいな、オダギリジョーさんがかっこいいな、そんな事を思いつつ観ていると内容も面白い物でした。
そのような辞書を作るには10年、20年位かかるそうです。
街を歩いたり人の話を聞いたりして言葉を拾います。
それの語彙(意味)を考える作業なのです。
その数が20万語以上とか膨大なのです。
さすがに気の遠くなるような作業の繰り返しですね。
そして言葉が集まったらそれを何度となく間違いがないか調べます。
これも大変な作業です。
でも思ったのがこのような長期プロジェクトで何かを作りあげる仕事って素敵だなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です