将棋界の一番長い日という番組

明日は教育テレビで「将棋界の一番長い日」という番組をする。
先日行われた、将棋のタイトルである名人戦の挑戦者を決めるリーグ戦のA級順位戦の最終戦の様子をハイライトの番組である。(去年はスカパーで生放送を見たが、今年はハイライト)
この名人、というのは将棋打ち(いわゆる棋士)にとって、最高の名誉との事らしい。
勿論他にも王将、竜王とか色々タイトルがあるのだが。名人というのは特別のタイトル。
何故なら、今季の名人になれる権利は11人しかいない、現名人とA級棋士10人しか権利がなくて、A級棋士が総当りで順位戦をして、1位が現名人と名人位をかけて戦う。明日は挑戦者が決まるまで、と降級2人を決める戦いのハイライト。
B級以下の棋士は絶対に今季は名人になる権利がない、そこに名人の凄さがある。と思って明日は楽しんで見たい。