美術館巡り

ちょっと前の話なんですが、「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」という絵画展に行ってきました。東京メトロ千代田線の乃木坂駅から徒歩で3分程度の便利な立地にある、新国立美術館で観てきました。

ドイツで生まれ育ってスイスに移住して自らの生涯を美術品の収集に捧げた、エミール・ゲオルク・ビュールレの情熱が伝わってきました。れまではヨーロッパ以外ではほとんど公開されることのなかったという、数多くの貴重なコレクションが魅力溢れていました。

ゴッホの「日没を背に種をまく人」は、シンプルな点描画スタイルの中にも深いメッセージが込められているようで面白かったです。

エドゥアール・マネの「ベルビュの庭の隅」は、色鮮やかな緑の風景の中に溶け込んでいる青を身に纏った人物像が幻想的な味わいでした。日本では初めて展示されることになった、クロード・モネの「睡蓮の池、緑の反映」が圧巻でした。高さ2メートルにも達し、横幅は4メートルを上回っているダイナミックな構図に惹き込まれていきました。

ビュールレのコレクションは2020年になるとチューリッヒに移管されてしまう予定になり、今回日本で鑑賞できたことに不思議な縁を感じました。

絵画と人との偶然の出会いを楽しむことができるので、休みの日には近くの美術館を巡ってみるのもお勧めです。

雨の日の洗濯

ある程度洗濯物が溜まってから洗う派。

丁度5日分ぐらい溜まったので、会社行く前に洗ってしまおうと思ったら雨が降り出してしまいました。
うちの場合、洗濯機に乾燥機能はついてないし、古い賃貸なので浴室に洗濯物を乾燥させる機能も当然ありません。

つまり洗うのはいいけど、その後待っているのは生乾き地獄ということになります。
あの臭いって不快だし、周りに臭いが気付かれないか不安になってしまうのですよね。
もちろん他人が私にそんな注目している訳ないということはわかりますけど。

だったら無理して洗わなければいいと思われるかもしれません。しかしそろそろ下着の予備が少なくなっているのですよ。
女性と違って男はあんまり下着を常備しませんからね。
会社行く前に洗濯してしまって爽快感いっぱいで出社するつもりだったのに、朝から憂鬱に気分になってしまいました。
この際乾燥機能付きのドラム式の洗濯機を買うべきなのかもしれませんね。

二度とこんな憂鬱な気分にならないために。

意外と大変

先日私の仕事が休日である日を利用して、知り合いの犬の散歩を引き受けました。
一泊してくるそうで、その日の昼、夕方、そして翌朝の計三回です。
私は今まで猫を飼った事はありますが犬は無く、散歩をさせた事は殆どありませんが、中型犬でありますが私によくなついている事もあり、軽く考えていました。

実際散歩をさせてみて、絶対この犬は私の事をナメていると感じざるを得ませんでした。ま~、言う事を聞かないなんてものじゃなかったですね。
とにかく自分の進みたいほうに強引に行こうとします。なんかもう、力勝負って感じです。
前方からやって来る別の散歩中の犬を威圧しまくりで、経験の無い私は飼い主さんに恐縮しまくりでした。
後、犬ってこんなにウンチをするのかな?と思ったのですが、ちなみにこの犬は三回の散歩で計四回のウンチをしました。平均的な回数を知らないので、何とも言えませんが。
そんな中、私は散歩が終わりその都度帰ろうとすると、もの凄~く寂しそうな顔をするのです。
それは私に向けられたものではなく、ご主人に会いたい一心なのでしょうが、見ていてこちらも切なくなってきました。
なんかワンちゃんも良いな~って、感じましたね。

https://watertopic.net

ようやく春がやってきたようです。

最近ようやく温度が上昇してきたように思えます。

気温が上昇してくるとピンクの綺麗な桜が楽しみになりますよね。
私の住んでいる周辺でも桜がちらほら咲いてきています。
ただ、自分は「花粉症」の症状がひどくつらいて、春はいいことばかりでもないのですが。

でも、この時期になると満開の桜の中で会社の人や友人たちとお花見をしたくなりますよね。お花見では、お酒飲みすぎないようにしないと。

そういえば、先週、関西地区に連日出張していました。その日は、移動距離が長かったためホテルに着いたのは22時近くになりました。
本来であればフロントは静かなのですが、この日に限ってはフロントに列が。

このホテルは度々使うビジネスホテルなんですが、春休みでどこもいっぱいなのか、リュックサックを背負った子どもを含むファミリーがチェックインに並んでいます。
そう言えばいつもよりシングルのホテル料金も高かったなぁとは思っていたのですが、宿泊施設の少ない地域ではこういう事があるんですね。
でもファミリーといっても泊まるのに騒がしいとか、そういった問題はありませんでした。

しかし、油断した私がバカでした。翌日朝のビュッフェに長蛇の列が!!!
ひぃぃ!!こっちは9時からの得意先とのミーティングで7時半には出ないといけないのに…。

結局朝ごはんはコンビニで買って朝の楽しみである朝食ビュッフェを諦めました。春休みの出張はこういうことがあるんですね。(涙)。

朝のバトル

寝起きが悪い私を、毎朝起こしてくれるうちの奥さん。

めざましがガンガン鳴っていても全く起きられないので、手を変え品を変え、いろんな方法を使って起こしてきます。

くすぐられたり、上に乗られたり、ティッシュで作ったこよりを鼻につっこまれるのはまだ序の口。

先日は暑くなってきてふとんをかぶらずに寝ている私の足にガムテープを張られて思いっきりはがされるという恐ろしい手を使われました…。

起きない私が悪いのはわかってるはいるんです。

さすがの痛さに即目も覚め直後にキレかけましたが、あまりにもきれいに脱毛されたねと満足げな奥さんの顔を見て怒る気も失せ、思わず笑えてきてしまいました。

着替える時に気づいたけど、一部だけ脱毛されたすね毛はどうすれば…。

また次回もガムテープされちゃうのかな。

もういっそのこと全身脱毛してやろうかな・・・

花粉症にはマスクが良い

花粉症のシーズンも佳境に入ってきていますが、もう彼此30年程ずっと花粉症です。

まだ花粉症という言葉が聴き慣れていなかった頃から、点鼻薬を片手に学校に通っていました。

数時間おきに点鼻薬を使用しないと鼻が詰まって息をするのが苦しくなって仕方なかったので、休み時間に教卓の下に隠れて点鼻薬を使っているのを友人に笑われていました。

花粉症は飲酒やジュース類を飲むと酷くなり、また寝るときに鼻が詰まって息苦しくなります。

市販の点鼻薬や飲み薬、病院で医師から花粉症の飲み薬を処方してもらったり、いろいろと試してみましたが、結局は体内に花粉を入れないようにする予防が最も効果が高いことがわかりました。

体内に入れる花粉を減らそうと、ここ数年は花粉症シーズンの外出時にはマスク装着が必須となっています。

マスクがあれば点鼻薬も飲み薬も要りません。

飲酒をしてもジュースを飲んでも鼻水で息が苦しくなるような事態にもなりません。

花粉症にはマスクが一番です。

大人ニキビは老けて見える

若い子の肌にニキビがあると、青春のシンボル…と言った可愛らしいイメージですが、大人になってからのニキビは、生活習慣が良くないのでは?などと、マイナスのイメージが強く感じます。

私は、普段はどちらかといえば、肌は綺麗な方だと思います。
でも、仕事で忙しい日が続くと、全体的にバランスが悪くなり、ニキビができやすくなりますね。

年齢的に言うと、ニキビというよりは大人ニキビ、もしくは吹き出物でしょうか。

一番の原因は、疲れすぎて睡眠が十分とれない事ですね。
自分の場合は、疲れたなあと感じ始めたときにニキビができます。

それと食生活が荒れたとき。
仕事が休みの日についついおやつを食べすぎちゃったり。

今までもいろんなニキビケアをしてきました。

今使っている洗顔は私に合っているらしくニキビができる頻度もだいぶ少なくなってきました。
使っている洗顔はマジックソープというもので自然由来の成分のみで作られている製品。
洗い上がりもサッパリして非常に気持ちがいい。

でも、ニキビ予防に効果的なのは洗顔以上に保湿ではないかと思ってます。
化粧水を付ける前でも、バーユを付ける様になってからニキビができにくくなってきた気がします。
私は比較的オイリー肌なので薄くつけてます。よく伸びるのでコスパも非常によくおすすめですよ。

その他にもビタミンを意識的に取ったり、野菜を多めに取ったり、食生活でも気を付けてます。

彼女の体調不良が心配です

彼女が体調不良で寝込んでしまいました。
花粉症に生理が重なり、かなりしんどい状況になってしまったそうです。
彼女は月のものが重い方で毎回大変そうにしているのですが、その中でもより大変な時というのが数カ月に一回の割合でくるのだと言っていました。
どちらも病院に行くようなものでもありませんし、だからといって辛いことには変わりません。
私はただただ心配するしかできないので、それがとてももどかしいです。
とりあえず今夜は、彼女が夜中に起きてもさみしくないように、私は徹夜していようと思っています。
それが唯一私にできる彼女への気づかいなのかなと考えています。
彼女は気にしないで眠ってくれていいからと私に言ってくれたのですが、やはりそういうわけにはいきません。
早く彼女の調子が良くなってほしいです。

体調を崩した彼女が心配

今日は、彼女の家にお見舞いに行きました。
といいますのも、私の彼女はおとといから体調を崩してしまっているからです。
おとといの夜に調子が悪いという連絡が入り、すぐにお見舞いに行こうとしたのですが、とりあえず一日様子を見てみるという彼女の言葉にしたがい昨日はお見舞いには行きませんでした。
夜にメールをした時には、調子が戻っておらず辛そうにしていたので、さすがにただ事ではないなと感じ、今日の朝になってからすぐ彼女の家に向かいました。
彼女は実家暮らしなので、風邪を引いても看病してくれる人がすぐ近くにいます。
ですが、私自身がお見舞いに行きたくてしかたがなくなってしまいました。
ずいぶんと甘い性格だなと思いますが、好きな人のそばにいてあげたいと思うのが男心なのかもしれません。

アイドルグループの新曲

有名なアイドルグループが新曲を出したそうです。
メンバーが何十人といるグループです。
CDには応募券が入っていて、応募して当選すると、握手だったか何かできるという販売戦略をとっていたこともありました。
なので、一人で何十枚とCDを買うファンの人もいるそうです。
中古CD店にいったとき、このアイドルグループのCDが何十枚と同じものが並んでいたのを見かけたこともありますが、応募券目当てでCDを買った人が買い取ってもらったものではないかと感じました。
アイドルのメンバーたちも、自分たちのCDがたくさん売れて、売上げランキングで上位に入るのはうれしいと思うのでしょうが、一人の人が何十枚と同じCDを買うより、一人でも多くの人に自分たちの曲を聴いてもらったほうがうれしいと思いますし、それが本当のアイドルなのではないでしょうか。

メガネとコンタクトレンズ

僕は近眼なので、メガネを掛けています。
仕事でパソコンをよく使うこともあり、メガネは今や必須アイテム。

よほど急激に視力が落ちたりといったことがなければ、
ある程度長い期間を同じメガネで過ごすことが出来ます。
最近はフレームのデザインや強度などもいろいろ工夫されてますし、
視力矯正用ではないファッション用の「伊達メガネ」なんてのもありますね。

一方でコンタクトレンズを視力矯正に使用している人も僕の身近には多くいます。

コンタクトレンズはお手入れが大変そうだなというイメージを持ってました。
あとは落とした時に大変そうだし、紛失した場合の費用も大変だろうなーと。

でも最近は使い捨てコンタクトが主流になってるみたいですね。
使い捨てであれば最悪落としたとしても換えが効くし、
お手入れもそれほど気にしなくて良さそう。

ここ数年はレーシックという視力矯正手術も注目されています。
メガネやコンタクトを使わず視力が良くなるのは羨ましい。
僕もちょっと気になっています。

夏の北海道に行ってみたい

北海道には過去1回だけ行ったことがあります。
時期は2月で、ものすごい大雪でした。

空港から一歩外に出ると今まで体験したことのない気温の低さに、
「寒い」というよりも「痛い」と感じてしまうほど。

雪が大量に積もっているにもかかわらず平常運転で
スピード出して走ってるJRに乗りながら驚きました。
雪に不慣れな地域だと徐行運転、最悪の場合は運休になってしまうというのに。

そんな雪の北海道は経験ありますが、夏の北海道には行ったことがありません。

北海道は梅雨もないというし、
夏期は他の地域と比べて多少は気温が低いというのも耳にしました。
毎日こうも暑いと北海道って涼しいのかなーと妄想してしまいます。

ドラマ「北の国から」で見たラベンダー畑や大草原などの景色を一度見てみたい。
夏の北海道に行くのが今の僕の夢です。

夏ってこんなにも暑かったっけ?

今年の夏は暑いですねー。

僕自身が暑いの苦手なのもあるんですけど、
今年はいつにも増して暑さが厳しいんじゃないかと思えてなりません。

夏が暑いのは当たり前だけど、こんなに暑かったっけ?

地球温暖化のせいだとか言われていますが、
今後も毎年こんな暑い夏が続いていくんでしょうか。

イヤだなぁ~。

僕がまだ小さかった頃、気温が30度を超えたら
「暑すぎるよ!」ってみんなが怒っちゃうような状態だったような記憶があります。

でも今って、毎日30度を超えてますもんね。

そんなことを思ってたら、
高知県では気温が41度に達したというニュースが入ってきました。

もう人間の体温より遙かに上じゃないですか…。

夜も暑すぎてとても眠れたもんじゃないほどの熱帯夜が続いてます。

冷房のありがたみをシミジミ感じますねー。